水曜スペシャル・探検シリーズ 雑記帳

水曜スペシャル・探検シリーズ ファンサイト管理人のブログ
水曜スペシャル・探検シリーズ 雑記帳 TOP  >  2015年04月

川口浩探検隊を扱った連載が始まっていたようです

 以前からお世話になっている、探検隊の自主制作映画を作っていらっしゃるMVGさんのサイトで、週刊誌のEX大衆で<プチ鹿島の「川口浩探検隊」探検隊 >という連載が4月から行われているという事を知りました。

川口浩探検隊とプロレスの共通点を探る。教養としての水曜スペシャル! [プチ鹿島コラム] | 日刊大衆-WEB版-

 記事の一部を引用させて頂くと、

だけど私は「川口浩探検隊」が残した功績の大きさは途方もないと思うのだ。視聴者だけではない。「中の人たち」だってその後のテレビマン人生に大きな足跡を残しているはず。ドキュメントとは何か、エンタメとは何か、テレビとは何か?ということを。

なので、私は新しく始めた連載で「川口浩探検隊」の探検隊に出発した。「水曜スペシャル」を半笑いではなく真面目に探りたかった。



こういった視点で連載していくようで、ファンとしては非常に気になる内容。今後要チェックな連載です。

 前述したMVGさんのサイトでは、『チームウェンズデイ探検シリーズ』と題した水曜スペシャル探検シリーズをオマージュした自主制作映画の販売(DVD販売/DL販売)も行われております。『チームウェンズデイ探検シリーズ』は2本作られており、第3弾も制作中との事。サイトでは予告編も公開されています。

第1弾予告


ストーリー)
チームウェンズデイは謎の淡水性シーラカンスの生存を確信し、中国湖北省・神農架(しんのうか)の密林地帯へ向かった。数十年前にこの土地を訪れた探検家が書き残した、シーラカンス目撃の記録を元に探検を進める一行は、途中、ハイイロオオカミの襲撃に遭いつつも伝説の湖に辿り着く。だが、そこには思わぬ事態が待ち受けていた。



第2弾予告

国際探検協会日本支部の2トップ、川口・矢追で構成された チームウェンズデイの活躍を描く新シリーズ待望の第2弾!!

ストーリー)
今回、国際探検協会に依頼されたのは、インド奥地のラマ寺に伝わる巨人の腕の調査。その伝説を追ってチーム・ウェンズデイは、かつて三蔵法師が記録に残したと言われる、謎の超巨大寺院へと向かう。
常軌を逸したスケールの遺跡は、かつてこの土地に住むと言われた、謎の巨人族のものなのか?そして、生物が巨大化する地域は本当に実在するのか?数々の困難を乗り越え、密林奥地で伝説の遺跡を発見した探検隊が見た、驚くべき結末とは!
前作を遥かに超えるスケールで完成した、チームウェンズデイ探検シリーズ第2弾。元祖・川口浩探検隊にオマージュを捧げながらも、新たな方向性を模索し続けるMVGの本格探検エンターテインメント。



制作中の第3弾予告


 この2本を拝見しましたが、とにかく探検隊が好きなのが伝わってきます。思ってもなかなか行動に移せない自分としては、仕事の傍らこう言った創作活動をするという事に非常に感銘を受けます。それと、ストップモーションアニメを使った特殊撮影やミニチュアと実景の合成など、興味をそそる点も多々あり、とても楽しめました。





 YouTubeのチャンネルには、他にも撮影に使われたミニチュアの紹介映像や、他作品の映像などがありますので、ご覧になってみて下さい。

この2本の作品の詳細は、MVGさんのサイトの「売店コーナー」に掲載されており、購入する事が出来ますので、是非ご覧になってみて下さい。
スポンサーサイト



[ 2015/04/23 00:53 ] 探険隊関連 | TB(0) | CM(0)