水曜スペシャル・探検シリーズ 雑記帳

水曜スペシャル・探検シリーズ ファンサイト管理人のブログ
水曜スペシャル・探検シリーズ 雑記帳 TOP  >  探険隊以外 >  西部警察

西部警察

 31日に放送された『西部警察 SPECIAL』は正直期待ハズレだった…。ホテルに人質とって立て篭もるという展開のせいか、舞台が限定され展開がこじんまりしている印象だった。

 VTR撮影というのも何だか違和感を覚えた。カーチェイスの場面で所々VTRのコマ落とし(スピードを早く見せるため?)ぽいところがあったり、どうも全体的に昔の西部警察ほどのパワーが感じられなかった。

 しかし、銃器の描写は昔より良くなっている(あたりまえか)。昔はリボルバーなのに、シリンダーが回転してなかったり、オートマティックの拳銃がブローバックして薬莢が排出されてなかったりしたのだが、今回はどちらもきちんと描写されてましたな。

 それよりなにより、スーパーマシンが駄目だ。特殊装置が無い。ただの高馬力高級スポーツ外車だ。クライマックスの採石場では、刑事達の乗る車がいつのまにか全部アルファロメオになってたし。悪路を走らせると超高級車に傷がつきますからね。やはり、単発のスペシャルの為に改造して特殊装置を付けるような事は金がかかりすぎるからか?
スポンサーサイト



[ 2004/11/02 00:30 ] 探険隊以外 | TB(0) | CM(1)
No title
スーパーZやマシンXが許されたのは捜査用特殊装備がついてたからでマンガチックではあってもそれなりに説得力がありました。しかしただの高級スポーツカーでは大門軍団に配備された理由がわかりません。残念!
[ 2004/11/02 12:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL